徒然なるままに~人生三角折主義~

あくびしてる猫の口に指突っ込むときくらいの軽い気持ちで見てください。

動物園

 「お母さん、猿なんか見ている場合じゃないよ。」

偶然耳にしたこの言葉が、男の脳内で反芻される。

 「お母さん、猿なんて見ている場合じゃないよ。」

 

電車を乗り継ぎ、少し歩くと開けた土地に動物園のゲートが見えた。男はこの休日を動物園で過ごすことに決めたのだった。仕事の都合上、男は平日休みが多い。来園者の少ない平日の動物園は男にとって唯一の癒しであった。

 入園ゲートを年間パスで通ると、初めに見えるのはサイだ。サイの硬そうな皮膚に男は目を奪われる。

 平日の動物園に来るのは、幼い子供連れの母達が多い。あるいは暇を持て余した高齢者。大学生らしきカップルもちらほら見かける。一人で来ている人はたいてい片手に本格派のカメラを携えているが、男は常に肉眼を通した。

 男は、サイに始まり、カンガルー、バク、ペリカンといった二軍選手を見ていった。エミューに至っては三軍だ。そしてゾウ、キリン、ライオンと花形選手を見終えると日本猿が姿を現した。

 日本猿エリアには地上から数メートル高く、幾本かの木製の柱が建てられており、そこにネットやロープが張り巡らされている。来園者たちはその柱を少しずつ上る小さなニホンザルに目を奪われていた。

 男もまた、その様子を眺めていた。その傍らにはゴリラコーナーを紹介する看板が立てられており、それを一人の、4,5歳ばかりであろう女の子がじっと見ていた。すぐ横にいる母らしき人物は私たちと同様、猿を眺めている。

 しばらく看板を眺めていた少女はその母らしき人物に向かってこう言ったのだ。

「お母さん、猿なんか見ている場合じゃないよ。」

 

その後、ゴリラを見ても、カバを見ても、ペンギンを見ても、男の耳からその言葉が離れることは無かった。

「お母さん、猿なんか見ている場合じゃないよ。」

何がどうとはわからないが、男の頭にこびりついて離れないその言葉。

「お母さん、猿なんか見ている場合じゃないよ。」

家に帰ってからも、脳内でリフレインする。

「お母さん、猿なんか見ている場合じゃないよ。」

それから一晩経っても、二晩経っても、少女の幻影は呼びかける。

「お母さん、猿なんか見ている場合じゃないよ。」

「お母さん、猿なんか見ている場合じゃないよ。」

 

「お母さん、猿なんか見ている場合じゃないよ。」

一週間目の夜、男は発狂した。

当たるモハッケ、当たらぬモハッケ

 「当たるモハッケ、当たらぬモハッケ」という言葉がある。この「モハッケ」とは何だろうか。ものの本によると、「アアタにアンダとパーニィを混ぜ、刻んだゴウビィとスアルカァマスと共に焼いたもの」とある。

 さらに詳しく調べると特に西部で盛んに見られた文化で、その伝統は古く、起源は17C末にまで遡るという。正確な発祥地を特定することは難しく、複数の土地で同時期に考案されたと考えられている。

 そのうち代表的な人物がヤァ・チャバルカキット・ヴィングである。街の片隅で八百屋を営んでいた彼女は、ある偶然によってモハッケを開発した。

ある日のこと、ヤァ・チャバルカキット・ヴィングが働く八百屋に旅の者が現れた。長旅の果てに、食べるものもなくこの街に行き着いたというこの旅人はひどく腹を空かしていた。しかしヤァ・チャバルカキット・ヴィングは貧しく、食糧庫にはアアタとスアルカァマス、一つのアンダそして売れ残りのゴウヴィしかなかった。そこでヤァ・チャバルカキット・ヴィングはこの材料を活用し一品の料理、のちのモハッケを作ったのだ。旅人はこのような食べ物はどこの国でも食べたことがない、と言い、とても喜んだ。これを契機にヤァ・チャバルカキット・ヴィングはモハッケを提供する飲食店をはじめた。この新しい食べ物は人々の心をとらえ、店は大繁盛。一代にして莫大な富を気づいたと言われる。

実はここに「当たるモハッケ、当たらぬモハッケ」という言葉の由来がある。

 時を同じくして、ヤァ・チャバルカキット・ヴィングの住む町から西に二十里、サムドゥルダット・スンダルタ・レヘルという女が住んでいたという。偶然にも、彼女もまた八百屋を営んでおり、ヤァ・チャバルカキット・ヴィングと同じように貧しかった。そしてこれもまた同じように彼女のもとに旅人が現れ、そして同じように、彼女は僅かな食糧からモハッケをふるまった。旅人は喜び、街を去った。そしてヤァ・チャバルカキット・ヴィング同様、サムドゥルダット・スンダルタ・レヘルはモハッケ屋を始める。しかし、ここから話が変わってくる。レヘルがモハッケ屋を開店してまもなく、この街ではゴウヴィを用いたもう一つの料理、アナンタ・ゴウヴィが空前のブームを起こした。そのため、モハッケに必要なゴウヴィが手に入らなくなってしまったのだ。かくして、レヘルのモハッケ屋は閉店に追い込まれた。

 全くと言っていいほど共通したシチュエーションで、それぞれに独立して生まれたモハッケ。しかし一方は成功をおさめ、一方は失敗に終わった。このことから「当たるモハッケ、当たらぬモハッケ」という言葉が生まれたのだ。最後に、ヤァ・チャバルカキット・ヴィングが晩年に残したある言葉を示しておこう。

 「人生において嫌でも前を向かなければならないとき、一枚のモハッケが道を照らすだろう。戦うのだ。モハッケよい。」(ヤァ・チャバルカキット・ヴィング)

 

タコを助ける男

 男が住んでいる家の近くには小さな川が流れていた。男は出勤するときも帰宅するときもこの川に沿って歩かなければならなかった。

 それは東京に初めて雪が降った日のことだった。男は仕事を終え、寒空の下、家路を急いでいた。男は傘を忘れたために、冷たい雪を防ぐことができなかった。だからより一層、脚を速めた。

 男がいつものように川に沿って歩いていると、川べりに一匹のタコがいるのが見えた。タコは、その身の上に真白な雪を積もらせ、すっかり凍えていた。もとより親切なその男は、タコを可哀そうに思い、鞄の中にあった水筒から、のこりのお茶を棄て、空になったものをタコのそばにおいてやった。するとタコはすぐに水筒の中に入った。

 また、しばらく川に沿って男が歩いていくと、そこまたタコがいた。しかも今度は三匹だ。そして皆、同じように凍えているのであった。これもまた不憫に思った男は自分のカバンの中身をあけ、空になったカバンをタコのそばにおいてやった。するとタコはすぐに鞄の中に入った。そして残りの二匹には自分の履いていた革靴を一つずつ与えてやった。

 男は足の裏がひどく冷えるのを感じながら、またしばらく歩き、あと一息で男の家に着くというところまできた。しかし、その川べりにまたもタコがいるのであった。そしてやはり凍えているのである。男は困ってしまった。水筒も、鞄も、靴も、タコが入れるものは全て与えてしまっていたのだ。それでもこのタコだけを見捨てるわけにはいかないと、男は自分の体をタコのわきに横たえ、大きく口を開けた。するとタコはすぐに男の口の中に入ったのだった。

 そうして男は死んだ。五匹のタコを助けて男は死んだのだ。このお話にはこのような意味が込められている雪の日にタコに出会っても「放っておく」と「パス」(通過する)が重要だとね。

ドライブと音楽。

ドライブはしない。音楽は聴く。このお題が「ドライブや音楽」だったら音楽だけの話をしてもいいのだろうけれど、「ドライブと音楽」だからそれは駄目なんだろう。

 

ドライブをするとしたら何を聴くだろうか。自分の一番好きな歌がいい。となると森田童子の「ぼくたちの失敗」だが、なんだかあまり似つかわしくない気がする。同じく森田童子の「たとえば僕が死んだら」、「みんな夢でありました」なども好きな曲だがドライブとは食い合わせが良くない。徒歩でとぼとぼ聴きたい感じだ。

 

車にまつわる曲がいいのかもしれない。最初に思いついたのは山口百恵の「プレイバックPart2」。しかし、私が真っ赤なポルシェに乗ることは生涯ないだろうし、ましてこの曲は交差点で何やらトラブルを起こす曲だ。ドライブに適している感じでもない。

 

ほかに車に関係した曲。タイトルに「車」が入っている曲と言えば高田渡の「自転車にのって」が思い浮かぶが、言うまでもなく却下だ。THE虎舞竜の「ロード」も車関係と言えばそうだが、その歌詞の哀しさから、泣いてしまうと運転に支障が出る。さだまさしの「償い」もある意味、ドライブにまつわる曲だし、改めて注意深い運転をさせてくれそうだが、これもまたそういうことじゃないのだろう。

 

角度を変えよう。条件を考える。運転中であることから、眠くならない事。爽やかで楽しい雰囲気である事。同乗者がいた場合、皆が知っている事。

 

これらを満たす曲と言えば、一つしかない。吉幾三のワークマンのCMの曲だ。ドライブのお供は吉幾三のワークマンのCMの曲で決まりだ。みんなが知ってる吉幾三のワークマンのCMの曲。

 

ドライブでいこうみんなでワークマン。

 

カエライフ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #ドライブと音楽

カエライフ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #ドライブと音楽
by ホンダアクセス

2019年買って良かったもの

今週のお題「2019年買ってよかったもの」

一番買ってよかったのは抗生物質の薬だ。

買うというより処方してもらった。

イガイガとした激しいのどの痛みに悩まされた初冬の風邪に、抗生物質は良く効いた。

……そういう事じゃない?そういう事じゃないか。

更生物質というものがあったら良い。犯罪者に片っ端から飲ませていこう。

保険適用で数百円で買える。

犯罪にかかりかけた人間に処方すれば、この世から犯罪が無くなる。

この世から犯罪が無くなったら警察官の仕事がなくなる。いや、警察官だけではない。検察官、弁護士、裁判官、法律関係者もあっという間に失業者。

政府は失業者対策のために犯罪者支援政策を行う。

犯罪で得た所得に対する税の20%を控除。犯罪準備にかかる費用の30%を国が負担。治安悪化のために街灯の数を減らす。

街灯が減ると、暗くて夜道を歩きづらい。

あぁ、そういえばこないだ懐中電灯を買ったんだった。

買っていて、よかった。

キリンがライオンを牛に売る

キリンHDがオーストラリアの飲料事業会社ライオン飲料を中国の蒙牛乳業に売却したという。

 

キリンがライオンを牛に売るというわけだ。

 

🦒「キリンです。先日、市場に行ったところ一匹のライオンが売られていました。小さな赤ちゃんライオンの愛らしい瞳に、私は首ったけになりました。私は店の主人に値段を聞きました。しかし、私には手も首も届かない値段でした。仕方なく私はすごすごと家に帰りました。」

 

🦒「それでも私は諦められませんでした。でも、ただでさえ借金をしているのにそんな大金を使ってしまえば首が回らなくなるのは明らかでした。仕事も首になってしまうかもしれません。そんなことになったら危機キリンです!どうしたらいいのか……。」

 

🦁「ライオンです。サバンナの広大な大地を母と一緒に歩いていたと思ったら、どこからか大きな音がして、気づけば籠の中に入れられ、この街にいました。この街はてんやわんやの大騒ぎ。父に谷底に落とされた時よりも怖いです。」

 

🦁「いつもだったら、心配ないさ、と叫ぶところですが、さすがに今回は心配です。あぁ、どうしたらいいでしょう。」

 

🐮「牛です。キリンさんに金を貸したのですが、なかなか返ってきません。キリンさんとはウシ亜目仲間なので信じているのですが……。」

 

🦁「ライオンです!やりました!店主が蓋を開いた隙をついて脱出に成功しました!それから僕は獅子奮迅と走りました。後ろからは店主が追いかけてきます。しかし僕のプライドにかけて捕まるわけには行きません。僕は近くの家に飛び込みました。」

 

🦒「信じられないことが起きました!市場から帰って来て、首を垂れたまま眠りについてしまった私の腕の中に、あの小さなライオンが飛びこんできたではありませんか!なぜ?と首を傾げましたが、そんなことはいいのです。この幸せを首を長くして待っていたのですから。」

 

🦁「ライオンです。知らない家に飛び込んだら、なんと先ほど僕を見ていたキリンさんの上に着地してしまいました。なぜかキリンさんは嬉しそうに笑っていました。僕はなんとなくホッとして横たわりました。気持ちとしては、lie on the laugh といったところでしょうか。」

 

🐮「牛です。どうも気になって4つの胃が痛むので、キリンさんの家を訪ねることにしました。借金の取り立てなんてしたくないのですが、リブロースにバラ肉は変えられません。」

 

🐮『すみませーん、牛です。キリンさんいらっしゃいますか?』

 

🦒「キリンです。危機キリンです。牛さんがいらっしゃいました。借金の取り立てに違いありません。もしこのライオンが見つかったら返済金の代わりに取り上げられてしまうかもしれません。あぁどうしたら。考えてもキリンがありません。とにかく出ましょう。」

 

🐮『キリンさん?いらっしゃいますか?』

🦒『はい、おはようございます。……借金の件ですよね?』

🐮『それをわかってくださってるなら話は早いです。そろそろお返し願えますかな?』

🦒『それが……手持ちがなくって……。本当に申し訳ございません。もう少しお待ちいただけませんか?この通りです。』

 

🦁「ライオンです。誰か来客のようで、キリンさんが扉を開けました。すっかり忘れていましたが、僕は市場の店主に追われていたのでした。うまくまけたとは思いますが、ちょっと様子を見てきましょう。」

 

🐮『いや、頭を上げてください。そういうことなら……もう少し、あら、それはライオンですかな?そういえば市場に売られていましたね……まさか、お買いに?』

 

🦒「キリンです。絶体絶命です。ここで買ったといえば牛さんはお怒りになるでしょう。しかし、正直に話せば店主のもとへ返さなければいけなくなります。どちらにしてもこのライオンとは離れ離れになってしまう。せめて近隣にはいたいのです。」

 

🦒『……その通りです。市場で一目ぼれをして買ってしまったのです。申し訳ございません。もし、もしよろしければですが、私はこのライオンを貴方に売ります。それで返済とさせていただけないでしょうか。』

🐮『なんですと?』

🦒『動物で借金を返済なんて馬鹿なことを言っているのはわかっています。でも、どうか、お願いできませんでしょうか。』

🐮『わかりました。いいでしょう。』

🦒『本当ですか!?でも、どうして?』

🐮『おや、知りませんか、ライオンというのはとても価値のある動物なのですよ。なんでも〈おはようからおやすみまで暮らしに夢を広げる〉とかで。』

 

🦒「キリンです。これで借金は無くなり、ライオンは牛さんが飼うことに決まりました。少し寂しいですが、いつでも会いに行っていいと言われたのでうれしいです。でも来年になったらライオンを買い戻そうと思います。そんなあてがあるのかって?実は来年、私が主役のドラマが始まるんです。だからそのお金でライオンを。タイガードラマでライオンを買おうって、思ってるんです。」

 

🦁「ライオンです。なんだかわからないうちに牛さんの家に行くことになりました。キリンさんとはほんの短いお付き合いでしたが、心が通じ合ったような気がします。キリンさんが来るの楽しみだなぁ。それではみなさん、ごきげんよう。」

浴槽にお湯を溜めながら。

私は今この文章を、浴槽にお湯を溜めながら書いている。

 

お湯が溜るまでの時間を埋めるためにこの文章を書いている。

 

浴槽がお湯に満たされていくスピードとこの待ち時間が埋められていくスピードとこの記事が完成するスピードは完全に連動している。

 

私がこの記事を書き終えるとき、浴槽はお湯で満たされているだろう。

 

お風呂場駄洒落。

 

浴槽をよくそうじする。

 

シャワーをしゃわーる(触る)。

 

シャンプーをしゃんぷ(散布)。

 

リンスを……。

 

リンスを……。

 

リンスを……。

 

リンスを……。

 

お湯が溢れたのでこの辺で。